出会いプロセス

パチンコ店で人妻と出会いエッチ

パチンコ店で人妻と出会いエッチ

先日、仕事が休みの土曜日にパチンコ店の新装開店があり、開店前の並びの列には並ばなかったものの、午後12時過ぎに午前中一回も大当たりが無かった新台に空きが出たので、その日は一日パチンコ勝負となりました。
午前中に鳴かず飛ばずだった新台は私が座った途端、大当たりが連発して私は数時間で多くの出玉を獲得し、ホクホク顔でパチンコを打ち続けていると、気が付くと隣に座っている私好みの年齢は30代前半位の黒髪のむっちちとした童顔の女性が一度も大当たりが来ずにカリカリしているのを見つけました。
私はその女性の展開次第ではイケそうな予感がありました。 セックス出来る予感があったのです。
そして私は午後9時までパチンコを打ち、トータルで10万円の勝ちを収めてからもう一度自分が打っていたパチンコの台を見に行くと、まだ朝から打っていた童顔のむっちりした女性がパチンコを打って負け続けていました。 私は彼女に紅茶の缶飲料を渡しながら「はい、どうぞ」と言うと彼女は驚いた顔を一瞬しながらも、「ああ、どうも」と言って紅茶の缶飲料を受け取り飲み始めました。
そして私は続けて彼女に「今日は出ないね、もう潮時だよ。飯でも食いに行こうか。」と話しかけ、彼女は私と食事をしてその後ラブホテルでセックスをして別れたのでした。